ニキビの種類とタイプ別ケア方法|上手に改善しようニキビ肌

 

ニキビには種類があります。
ニキビの症状が段階を経るたびにタイプが変わり、改善させるためのケアの方法も異なります。
ニキビのケアをしていても、種類によっては効果がないことも・・・ニキビの種類とタイプを知って上手に改善させましょう。

 

 

 

1:ニキビとはそもそもどんなもの?

 

 

一言でいえばニキビは皮膚に発生した「炎症」です。
人間の皮膚には非常にたくさんの表皮常在菌が生息しています。
菌と言っても体に有害な働きをするものではなく、保湿に関わったり免疫力に関わったりと基本的には有効な働きを示します。
ニキビの原因となるのは表皮常在菌の中のアクネ菌という菌です。

 

アクネ菌も基本的に人体に有害な働きをする菌ではありません。
しかし毛穴が皮脂や角質によって詰まってしまい、内部が低酸素や無酸素状態となることで活発に増殖を始めます。
アクネ菌が活発に増殖する過程で皮膚が炎症を起こし、赤い腫れやポツポツが発生します。これがニキビです。

 

アクネ菌は酸素を嫌う性質を持っているため、通常の状態だと活発に増殖をしたりしません。
しかし毛穴の詰まりによって活発に増殖する環境が整い、栄養源となる皮脂や角質が溜まることによって活発に増殖してしまいます。
ニキビの予防のためにはまず毛穴の詰まりを防ぐことが有効です。

 

 

2:タイプ別ニキビ「白ニキビ」

 

 

白ニキビとは毛穴の中に皮脂が詰まってしまっている状態のことです。
通常ならば皮脂は毛穴の外に排出されますが、角質が厚くなっていたりファンデーションが皮膚に残ってしまっていたりすると皮脂が毛穴の中に蓄積していってしまいます。
この状態ではまだ炎症が発生していないため、ニキビとは言えません。ただしこのまま放置するとニキビが進行します。

 

この種類のニキビは肌を清潔に保ち、肌のターンオーバーを促進させれば治る可能性が高いです。
しっかりと毛穴の奥まで汚れを取ってくれる洗顔料を使ったり、十分に栄養と睡眠を取って、保湿をしっかりしたりすることが最大のケアとなります。
またピーリングや皮膚科で処方される外用薬も治療の選択肢になります。
時間に余裕があって早めに治したい場合は病院に相談するとよいでしょう。

 

3:タイプ別ニキビ「赤ニキビ」

 

 

赤ニキビは白ニキビが進行してしまった状態です。
詰まった毛穴の中でアクネ菌が皮脂を栄養源として活発に増殖していきます。
アクネ菌が増殖する過程で皮膚が刺激され炎症が発生するため赤く腫れあがってしまいます。
赤ニキビの状態で触ってしまったり潰してしまったりするとニキビが悪化したり、ニキビ跡になってしまったりするため、極力接触は避けなければいけません。
赤ニキビのケアとしては炎症を鎮める成分が含まれた洗顔料や美容液、化粧水などを使用することが重要です。
また洗ったり塗ったりする際になるべく患部に刺激を与えないようにすることにも気を付けましょう。

 

炎症を鎮める成分にはコウキエキスカンゾウ(甘草)エキスビタミンCなどがあります。
また赤ニキビは悪化するとニキビ跡になりやすいため、積極的に医療機関で治療をしてもよいでしょう。
抗生物質によりアクネ菌の増殖を抑制したり、抗炎症剤によって炎症を抑えたり、ケミカルピーリングによって古い角質を除去して新陳代謝を活発にさせたりする治療法が代表的です。
もちろん清潔と十分な栄養、睡眠は保つようにしましょう。

 

4:タイプ別ニキビ「黄ニキビ(膿ニキビ)」

 

 

 

黄ニキビは赤ニキビが悪化して毛穴の中に膿を生じてしまっている状態です。
赤ニキビを放置したり、手で触ってしまったり、間違ったケアをしてしまったりすると黄ニキビが現れます。
黄ニキビは赤ニキビと比べて炎症している範囲が拡大しているため、放置したり潰したりしてしまうとより広範囲にニキビ跡が生じる可能性があります。
ニキビは黄色ニキビになる前までにケアをして治療することが重要です。

 

黄色ニキビにまで症状が進行すると跡になる可能性が非常に高くなります。
黄色ニキビは自分でケアを行うというよりも、まず病院でどのような治療をすればよいか相談するべきでしょう。
抗生物質や抗炎症剤の使用はもちろん、ステロイドを使用することも検討されます。
ニキビ跡にしたくないならばなるべく早めに皮膚科や美容皮膚科を受診するようにするとよいでしょう。

 

5:タイプ別ニキビ「ニキビ跡」

 

 

 

ニキビによる炎症で皮膚の組織が破壊されたり、赤い色素が沈着してしまったりした状態がニキビ跡です。
ニキビ跡になってしまうと目立たなくすることはできますが、完全に元通りにするのが非常に難しくなります。
自分でできるケアとしては肌のターンオーバーを活発にすることと、ニキビが再発しないように洗顔や保湿に気を付けることです。
十分な栄養と睡眠、ストレスの発散、しっかりとした保湿などにより肌のターンオーバーが活発になることで壊れた皮膚組織の再生を促すことが可能です。

 

色素が沈着してしまった場合は高濃度ビタミンC誘導体ハイドロキノンアルブチンなどの美白成分が含まれた美容クリームなどの使用がおすすめです。
併用して病院での治療を受けるとなお効果が高まるでしょう。

 

保険の効かない美容目的の施術がほとんどになりますがレーザーや熱によって壊れている皮膚細胞をわざと損傷させ、再生を促す方法があります。
またある波長の光を照射することによって皮膚繊維芽細胞を活性化させ、コラーゲンの分泌を促進させることでクレーターになってしまった皮膚を盛り上げる施術も存在します。
ニキビ跡の症状によって適した治療法は異なるため、一度美容皮膚科で相談を受けるとよいでしょう。