間違ったケアしてない?ニキビ跡を悪化させない洗顔方法

 

ニキビを治そう、予防しようとして洗顔に注意すること自体はよいことです。
洗顔をすることで皮膚の余計な皮脂を落とすことができ、ニキビを予防することができます。
しかしもし間違った洗顔方法をしているとしたら・・・?
間違った洗顔はニキビやニキビ跡を悪化させてしまいます。どんな洗顔がニキビに悪影響を与えるのでしょうか?

 

 

 

1:ニキビの原因になってしまう!?「洗いすぎ」

 

 

顔には皮脂を分泌する皮脂腺が非常に多く集中しています。たとえオフィスワークであっても気づいたら顔がべたついていたり、てかってしまったりしている経験はありませんか?特に鼻筋や額には皮脂腺が非常に多いため皮脂がどんどん分泌されて行きます。

 

そもそもニキビは皮脂や角質によって毛穴が詰まることで発生します。
ニキビの原因になる「アクネ菌」は酸素に弱い性質なので通常はそこまで過剰に増殖しません。
しかし毛穴が詰まってしまうことで酸素が無い状態となりアクネ菌が活発に増殖をし始めます。
その際に発生する炎症がニキビです。

 

皮脂はニキビの原因の一つですが、重要な役割もあります。それが「保湿」です。
油と水が交じり合わないように、表皮から水分が蒸発しないように膜のような働きをするのが皮脂です。
しかし顔の洗いすぎによって皮脂が過剰に除去されてしまうと表皮から水分が蒸発しやすくなり、乾燥肌になりやすくなります。

 

乾燥肌になると角質が剥がれやすくなります。剥がれた角質は毛穴の詰まりの原因となり、ニキビを発生させやすくする要因になります。
そのため洗顔のし過ぎがニキビの大きな原因になってしまうのです。
同時に洗顔のし過ぎはニキビ跡の悪化にも繋がります。ニキビ跡は炎症によって皮膚の組織が破壊されクレーターや色素沈着などの症状が現れる状態です。

 

ニキビ跡は肌がターンオーバーしていく過程で徐々に目立たなくなっていきますが、洗顔のし過ぎで乾燥肌になってしまうとターンオーバーが乱れてしまいます
ニキビの原因となるだけではなく、ニキビの予後にも悪影響を与えるため洗顔のし過ぎには十分に注意するようにしましょう。

 

 

2:肌を刺激してしまう「ゴシゴシ洗い」

 

 

 

手を使って顔をゴシゴシ洗ってしまうと、皮脂は確かに落ちやすくなるでしょう。
しかしゴシゴシと洗ってしまうと、反対に皮脂が過剰に除去され乾燥肌を招いてしまいます。
乾燥は上述した通り、ニキビやニキビ跡を悪化させてしまうためゴシゴシ洗いは避けるようにしましょう。
またゴシゴシ洗うことはニキビにより炎症が起きている部位に刺激を与え、組織が破壊されてしまうことに繋がります。

 

ニキビは清潔と十分な栄養摂取、睡眠を続ければ身体の治癒力により次第によくなるでしょう。
しかしゴシゴシと洗ってしまうと皮膚の組織が壊れてニキビ跡ができやすくなってしまうこともあります。
ニキビやニキビ跡を悪化させないためにも、洗顔する際はなるべく優しく行うことが重要です。
十分に泡立つタイプの洗顔料ならば、指ではなく泡で洗うイメージ。あまり泡立たないタイプの洗顔料ならば、指の腹の部分でなるべく力を入れずに触れるイメージで洗うようにしましょう。

 

3:熱すぎるお湯は厳禁!

 

 

洗顔をする際はお湯の温度にも注意が必要です。
お湯は水温が高ければ高いほど、皮脂が取れやすくなります。
皮脂が過剰に摂れてしまうと乾燥肌を招き、反対にニキビを悪化させることになりかねません。

 

洗顔をする際は30度から36度くらいまでのぬるさをはっきりと感じるくらいの水温のお湯を使うとよいでしょう。
ぬるめのお湯を用いて洗顔することによって皮脂が過剰に落ちることを避け、ニキビやニキビ跡を悪化させない肌を作ることが可能です。

 

4:どんな洗顔料を使えばいいの?

 

 

 

洗顔料の選び方もニキビやニキビ跡の悪化を防ぐための重要なポイントです。
洗顔料を選ぶ際は以下のポイントに注意してみましょう。

 

保湿成分が含まれていること

洗顔によって皮脂が除去されることにより一時的に皮膚は若干乾燥します。
しっかりと保湿成分が含まれている洗顔料を使用することで、皮膚を保湿しつつニキビの原因となるアクネ菌を除去することができます。
代表的な保湿成分にはスクワランやヒアルロン酸、セラミドなどがあります。

 

刺激の強い洗浄成分が含まれていないこと

界面活性剤が含まれる洗顔料は皮脂を過剰に除去してしまい、皮膚に対する刺激も非常に強いことが特徴です。
そういった刺激の強い成分が含まれている洗顔料は避け、刺激の少ない成分を使用しているものを選ぶようにしましょう。

 

肌のターンオーバーを整える成分が含まれていること

ニキビもニキビ跡も肌のターンオーバーが正常ならば、自然と治ったり目立たなくなったりしていきます。
そのため肌のターンオーバーを整える成分が含まれている洗顔料を選ぶとよいでしょう。
肌のターンオーバーを整える成分にはカモミラエキスやローズマリーエキス、トコフェロール、ビタミンCなどがあります。

 

 

 

●まとめ●

 

 

ニキビを悪化させない為には「洗い過ぎ」に注意。
いままで熱めのお湯で洗顔していた人は、お湯の温度にも気を付けましょう。

 

また保湿成分が含まれた洗顔料でやさしく洗うことも大切です。
市販品でもたくさんの商品が売られていますが刺激が強い場合もあるので、
低刺激ニキビ対策用のものを選ぶようにしてください。