ひどいニキビ跡にはピーリング治療@美容外科での改善方法

 

ニキビが悪化するとニキビ跡としてクレーターや色素沈着が発生する可能性があります。
そこまでニキビが悪化してしまうと個人のケアではなかなか十分に改善させられないことも・・・。
そういった際におすすめになるのが「ピーリング」です。ピーリングとはどのような治療なのでしょうか?

 

 

 

 

1:ニキビの悪化は跡になる?

 

 

ニキビは適切な対策を行わないと改善せずどんどん悪化していってしまいます。
ニキビが炎症を起こして赤くなる「赤ニキビ」の状態から不潔にしたり睡眠時間を確保できなかったり十分に栄養を摂取しなかったりすると「黄ニキビ」という状態になります。
黄ニキビになるとニキビの炎症が広範囲に広がり、膿が生じてしまいます。炎症が広範囲に広がると皮膚の「真皮」の組織が破壊されます。

 

真皮はコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸といった成分が繊維状になっており、皮膚に水分を保持して保湿したりしっかりとしたハリを保ったりする働きをしています。
真皮には「皮膚線維芽細胞」はあり、この細胞がコラーゲンやエラスチンなどを合成しています。
しかしニキビが悪化して黄ニキビになると炎症により真皮の繊維状の構造や皮膚線維芽細胞が破壊されてしまいます。
建築物の基礎部分が壊れるようなもので、その状態になると皮膚が陥没してクレーターとなってしまいます。
また炎症により増えた毛細血管がもとに戻らず、赤みがそのまま残ったりメラニン色素の影響で茶色くなったりもすることがあります。

 

 

2:ニキビ跡を改善するには?

 

 

表皮はターンオーバーする組織です。古い細胞がどんどんと新しい細胞に置き換わり常に生まれ変わっているため、時間の経過とともに修復されていきます。

 

一方真皮はターンオーバーしないため、そのままにしていても改善しません。
ニキビによる炎症で皮膚繊維芽細胞が破壊されている場合は真皮の重要な構成成分であるコラーゲンやエラスチンの合成量も低下するため、クレーターになった皮膚はなかなか改善しないことが多いでしょう。
ニキビ跡によるクレーターを改善するためには皮膚線維芽細胞を活性化させる必要があります。
ダメージを受けて機能が低下した皮膚線維芽細胞を元に戻すことで徐々にコラーゲンなどの成分の合成量が増え、ニキビ跡によるクレーターが改善されていきます。

 

 

3:美容皮膚科で受けられるケミカルピーリングとは?

 

 

自宅のケアではなかなか皮膚線維芽細胞を活性化させることは難しいでしょう。
皮膚は個人差があるため、どのような美容液や化粧水、マッサージなどが適しているかは千差万別です。
もしクレーターに悩んでいる場合は美容皮膚科などのクリニックで施術を受けたほうが良いかもしれません。
クリニックで受けられる施術の一つに「ケミカルピーリング」というものがあります。
ケミカルピーリングは皮膚にフルーツ酸やサリチル酸、乳酸などの酸性の薬剤を塗布して、古い角質や毛穴の汚れを取り除く施術です。
以下のような作用が期待できます。

 

・皮膚のターンオーバーを正常化する作用
古い角質を酸により溶かして除去することで皮膚の正常なターンオーバーを促します。
また表皮のターンオーバーが正常になることで皮膚繊維芽細胞の増殖効果も認められるため、クレーターなどのニキビ跡の改善にも効果的です。

 

 

・保湿効果向上作用
ケミカルピーリングを行うことで皮膚線維芽細胞が増殖し、コラーゲンやエラスチンなどの合成量が増加します。その結果、皮膚の保湿やハリに繋がります。

 

・毛穴の詰まりの除去
毛穴に詰まった角質や皮脂はアクネ菌の増殖する温床となり、ニキビの原因となります。
ケミカルピーリングで毛穴の詰まりを除去することでニキビの予防効果が期待できます。
また詰まった汚れが取り除かれることで、毛穴を引き締める作用もあります。

 

・殺菌作用
ケミカルピーリングは酸性の薬剤を使用するためアクネ菌などニキビの原因となる菌の殺菌効果が期待できます。

 

・ニキビ跡による色素沈着やシミが薄くなる
ケミカルピーリングを行うことで皮膚の新陳代謝が活発になり、色の原因となっているメラニンなどの色素物質が排出されやすくなります。

 

 

4:ケミカルピーリングを行う際の注意点

 

 

ピーリング自体はエステサロンなどでも施術を受けることが可能です。
しかしケミカルピーリングは医療行為であるため、美容外科や美容皮膚科などのクリニックでしか受けることができません。
ピーリングの場合、酸性度の弱い薬剤しか使用することができないため、より高い効果を期待するならば医療機関で受けるとよいでしょう。

 

またケミカルピーリングを受けたあとしばらくは、皮膚が刺激に弱くなっています。
特に紫外線に弱くなっているため、UVケアを行わないと逆にシミが増えてしまうことにもなりかねません。
ケミカルピーリングは1度の施術で劇的にニキビ跡が改善されるわけではありません。1か月に2-3回の施術を3か月ほど続けることで効果が表れていきます。
ケミカルピーリングはニキビ跡を改善させるだけではなく肌のターンオーバーを活性化させ、保湿やハリを保つ効果もあります。
継続することで全般的に皮膚の調子が良くなっていくでしょう。