ニキビ跡用化粧品で凸凹肌を改善!オススメ化粧水と美容液

 

ニキビは治っても跡になってしまことがあります。
ニキビ跡は赤みが残ってしまったり、最悪の場合は皮膚が凸凹としてしまったりすることも。
凸凹した肌を改善させるために効果的な化粧水とはどんなものなのでしょうか?

 

 

 

1:ニキビ跡で肌が凸凹する理由って?

 

なぜニキビ跡で肌が凸凹してしまうのでしょうか?その理由は肌の骨子部分にあたる「真皮」にあります。
真皮はコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの成分が繊維状の構造をして構成されています。
建築物の基礎のような役割を果たしており、肌全体を持ち上げています。真皮には皮膚繊維芽細胞という細胞があります。
皮膚線維芽細胞はコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を合成する働きをしています。

 

ニキビはアクネ菌が過剰に増殖したことによる炎症です。アクネ菌は表皮常在菌の一つで普段は悪さをしません。
しかし毛穴が皮脂や古い角質によって詰まり、無酸素状態になると爆発的に増殖を始めます。増えたアクネ菌は体の免疫細胞によって異物と認識され攻撃されます。
しかしその際に炎症物質が発生して、赤く腫れあがります。これがニキビです。

 

炎症が発生すると周囲の細胞がダメージを受けたり壊れたりしてしまいます。
特にニキビが進行して「黄ニキビ」と呼ばれる膿が生じる状態になると炎症が広範囲に及んでいる可能性が高く、真皮の細胞が壊れてしまうこともあります。
真皮の細胞が壊れると皮膚を持ち上げている基礎部分にあたるコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の繊維状の構造も壊れてしまいます。
そうなると十分に皮膚を持ち上げられず凸凹としたクレーターのようになってしまいます。

 

2:肌の凸凹を治すためには?

 

肌の凸凹を治すためにはまずニキビによる炎症を鎮める必要があります。
ニキビの炎症を鎮めるには抗炎症作用のある成分の含まれた化粧水を利用するとよいでしょう。
特に効果が高く有名な抗炎症成分には以下のようなものがあります。

 

・グリチルリチン酸(甘草エキス)
グリチルリチン酸は漢方の一種である甘草の根っこから抽出される成分です。
古くから胃炎などの治療に使われてきたように高い抗炎症作用を持っています。
グリチルリチン酸が含有された化粧品を利用することでニキビの炎症が鎮まり、凸凹になるのを防ぐことができます。
ここで意識してほしいのがあくまで凸凹になるのを予防するということです。
グリチルリチン酸は炎症を鎮めることによって、細胞が破壊されるのを防ぎ凸凹としたクレーターが生じるのを防ぐ働きをします。
ニキビが赤くなり始めたころから利用すると効果が高いでしょう。

 

グリチルリチン酸で新たに肌が凸凹してしまうのを防いだあとは肌のターンオーバーを改善して、真皮の繊維状の構造を回復させる必要があります。
表皮はターンオーバーする部位ですが、真皮はターンオーバーをしない部位です。
表皮をしっかりとターンオーバーさせていく過程で皮膚に送られる血液量が増え、酸素や栄養素の供給が増え真皮の皮膚繊維芽細胞も回復していきます。
皮膚線維芽細胞が回復すればコラーゲンやエラスチンといった成分の合成も促進されるため、皮膚の基礎部分が徐々に再生していきます。
皮膚のターンオーバーに役立つ成分には以下のようなものがあります。

 

・天然クレイ

天然クレイは石鹸などに含まれていれば細かい粒子で肌や毛穴の汚れを除去してくれます。
化粧水に含まれれば肌を天然クレイの膜で包み込み、水分が蒸発するのを防ぎうるおいを与えてくれます。
肌が乾燥していると細胞がダメージを受け、ターンオーバーが乱れてしまいます。十分に保湿をすることにより、ターンオーバーを正常にして真皮の回復を促進させます。

 

 

・カミツレエキス

カミツレとはジャーマンカモミールの別名です。
抗炎症作用があり、ニキビの炎症を鎮めるのに有効なほか、天然由来の植物の力で肌を保湿する働きもあります。
血行促進作用もあるため、皮膚への血流を増やしてターンオーバーを正常にしてくれます。
また殺菌作用によりアクネ菌を殺しニキビが再発するのを防ぐ働きも期待できます。

 

 

ニキビ跡用の化粧水を使用することで凸凹が目立たなくなることは十分にあり得ます。
ニキビ跡が凸凹したからと言ってあきらめずに、しっかりとスキンケアを継続しましょう。
ただしクレーターのように凸凹してしまった場合、目立たなくすることはできても完全に消すことはできません。
どうしても気になる場合は美容外科で肌を再生させる施術を受けることを検討しましょう。

 

 

●まとめ●

 

肌の凸凹を治すためにはまずニキビによる炎症を鎮める必要があります。
ニキビの炎症を鎮めるには抗炎症作用のある成分の含まれた化粧水で肌を整えふっくらと保湿をしてあげることが大切です。