ボコボコ肌はもう嫌!ひどいニキビ跡の原因と対策

 

ニキビは適切にケアを行わないとニキビ跡になってしまいます。
皮膚がボコボコしたり色素が沈着してしまったりとニキビ跡ができてしまうと非常に目立ってしまいます。
なぜニキビはニキビ跡になってしまうのでしょうか?ニキビ跡が現れる原因を解説します。

 

 

 

1:ニキビ=炎症?皮膚の組織を傷つけるニキビ

 

そもそもニキビとはなんなのでしょうか?ニキビは皮膚に生息している表皮常在菌のうちの一種であるアクネ菌が原因で発生します。
毛穴の詰まりが発生すると皮脂や角質をエネルギー源としてアクネ菌が活発に増殖し始めます。
アクネ菌が増殖するとその過程で毛穴の中にある表皮細胞が異物と判断して免疫反応が生じます。

 

免疫反応が生じると炎症の原因となるインターロイキン1αという物質が放出され、赤く腫れあがってしまいます。この状態がニキビです。
ニキビはアクネ菌が過剰に増殖したことによる炎症です。炎症は清潔と十分な栄養、睡眠を保っていれば人体の治癒能力で回復します。
しかし不潔にしていたり、十分に栄養を摂取しなかったり、睡眠を取らなかったり、適切なケアを行わない場合は膿を生じるようになります。
炎症が強くなると周囲の細胞組織を傷つけ、破壊してしまいます。そのためニキビが悪化すると皮膚の細胞を破壊する可能性があります。

 

2:なぜニキビで肌がボコボコするの?

 

 

ニキビが悪化することによって炎症が起こると周囲の皮膚の細胞を傷つけてしまうことがあります。
人間の皮膚は表皮、真皮、皮下組織からなります。ボコボコとしたニキビ跡が発生してしまう原因の一つは真皮にあります。
真皮にはコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの保湿やハリに繋がる成分が繊維状の構造をして存在しています。
またそれらの物質を作り出す皮膚繊維芽細胞もここに位置しています。

 

これらは繊維状の構造で存在しているため、建築物の基礎のように皮膚のハリを支えています。
しかしニキビが悪化して炎症により皮膚細胞が破壊されるとこのコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸からなる繊維状の構造が破壊されてしまいます。
この構造が破壊されると真皮は元通りのハリや厚みを再現できなくなります。そのためデコボコとしたクレーターができる原因となるのです。
仮に表皮ならば多少の細胞組織の損傷が発生しても皮膚がターンオーバーしていくため、そのうち回復します。

 

しかし真皮は皮膚繊維芽細胞がコラーゲンやエラスチンを生産するのみでターンオーバーが行われません。
軽度のクレーターで皮膚繊維芽細胞の働きが十分ならば元に戻る可能性もありますが、皮膚繊維芽細胞の働きがニキビの炎症や加齢により低下していると元に戻ることが難しくなります。

 

3:クレーター以外のニキビ跡の症状

 

肌がボコボコするクレーター以外にもニキビ跡の症状はあります。
代表的なニキビ跡の症状は赤みと色素沈着です。
赤みは炎症によりニキビの患部に毛細血管が集中することで、ニキビ自体が治癒しあとも赤みが残ってしまう状態を指します。

 

色素沈着はニキビの炎症により赤くなった患部に太陽の紫外線が当たることによってメラニン色素が生産されやすくなります。
メラニン色素は紫外線から肌を守るために重要なものですが、一方でシミの原因でもあります。
赤みやニキビ跡による色素沈着をしてしまう場合、赤から茶色に近い色になるため非常に目立ってしまいます。

 

4:ニキビ跡の対策に重要なこと

 

 

ニキビ跡はケアや皮膚科での施術により目立たなくすることは可能です。
しかし完全になくすことは非常に難しいためまずは予防をすることが最も重要になります。
ニキビ跡の対策には以下のポイントに気を付けるとよいでしょう。

 

・赤ニキビまででニキビを治療してしまうこと
ニキビは白ニキビ、(黒ニキビ)、赤ニキビ、黄ニキビを経てニキビ跡になってしまいます。白ニキビは毛穴の詰まりのなかに皮脂が溜まってしまっている状態、黒ニキビは溜まった皮脂が酸化して黒く見えている状態、赤ニキビは皮脂を栄養源としてアクネ菌が増殖して炎症になっている状態、黄ニキビは炎症が進み膿が生じている状態です。

 

 

黄ニキビは炎症が広範囲に広がり組織の破壊も進んでいる状態なので非常にニキビ跡になりやすい傾向にあります。
清潔や栄養摂取、睡眠時間、抗炎症作用のある洗顔料・美容クリームなどを用いて赤ニキビまででニキビを治すことがニキビ跡を防ぐ効果的な方法です。

 

・ビタミンC高濃度誘導体が含まれた化粧水を使用する
ビタミンC高濃度誘導体は体内でビタミンCに変わるビタミンC前駆体のことを指します。
ビタミンCにはアクネ菌の殺菌作用があり、また皮膚の血流をよくしてターンオーバーを活発にする働きもあります。
皮膚線維芽細胞の働きも活性化させ、コラーゲンやエラスチンの生産を促進させる働きもあるため、ニキビ跡を予防するにも改善するにも効果的です。

 

・ニキビ跡になってしまったら医療機関を頼る
ニキビ跡はどうしても個人のケアでは十分に改善させることが難しいです。
そのためニキビ跡に悩んでいるならば医療機関を頼ることが有効な手段でしょう。
レーザーや光によって患部の新陳代謝を活発にしてコラーゲンやエラスチンの生産を促進させる方法や、古い角質を除去して皮膚繊維芽細胞を刺激して活発にする方法などニキビ跡の度合いに合わせた治療法を選択することができます。

 

 

●まとめ●

 

@赤ニキビが悪化する前に治療・対策をする
A生活習慣に気を付ける
B抗炎症作用がある洗顔料・化粧水やクリームでスキンケアをする。

 

抗炎症作用といっても成分が強すぎるものもあるので注意が必要です。

 

肌に優しいニキビ跡専用化粧品を選ぶようにしましょう。